求職者支援訓練

求職者支援制度とは

「求職者支援制度」とは、雇用保険を受給できない方が、職業訓練によるスキルアップを通じて早期就職を実現するために、国が支援する制度です

◆「求職者支援訓練」または「公共職業訓練」を原則無料で受講できます(テキスト代はどは自己負担)。
◆訓練期間中も訓練修了後も、ハローワークが積極的に就職支援を行います。
◆一定の要件を満たせば、訓練期間中「職業訓練受講給付金」を支給が受けられます。

■ 支援の対象となる方(=特定求職者)
求職者支援制度の対象者は、下記のすべての要件を満たす「特定求職者」です。
1 ハローワークに求職の申し込みをしていること
2 雇用保険被保険者の雇用保険受給資格者でないこと
3 労働の意思と能力があること
4 職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと

 訓練の受講申込や職業訓練受講給付金の手続きは、原則として住所地を管轄するハローワークで行います。 
 まずは住所地を管轄するハローワークにご相談ください。

求職者支援訓練とは

雇用保険を受給できない求職者などを対象として、民間訓練期間が厚生労働大臣の認定を受けた職業訓練を実施します。

◆訓練実施機関は、ハローワークと連携して就職支援を行います。
◆訓練期間は1コース 2ヶ月 ~6ヶ月までです。
◆具体的なコース情報は(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページをご覧ください。
  http://course.jeed.or.jp/onestop/